My Bloody Valentine

マイ・ブラッディ・ヴァレンタインとは

アイルランドのロックバンドです。1984年、ダブリンにて結成されました。1987年に、それまでボーカル担当でバンド名の考案者でもあったオリジナルメンバーのデイヴ・コンウェイとティナ・ダーキンが脱退します。その後ケヴィン・シールズがリード・ボーカルを担当するようになり、デビー・グッギ、次いでビリンダ・ブッチャーが加入してバンド編成が変わると同時に、音楽スタイルもそれまでとは大きく変わりました。「ストロベリー・ワイン」「エクスタシー」で後につながる方向性を示し、クリエイション・レコーズに移って1988年に発売された「ユー・メイド・ミー・リアライズ」でブレイクを果たしました。彼らの音楽は、幾重にも重ねられたノイジーなギターサウンドと、甘く脱力的な歌い方の男女のボーカルのメロディーを融合させ、サンプラーやエフェクターなどの機材も駆使し強くディストーションを掛けた幻想的なサウンドを創造するのが特徴です。彼らのそうしたスタイルは、ライドやチャプターハウスなど「シューゲイザー」と呼ばれる多くのフォロワーを生みました。また、1991年に発売されたアルバム「ラヴレス」は世界中で広く評価されました。このアルバムは彼らの代表作となり、シューゲイザーの代名詞的な傑作として不動の地位を得ています。その独創的な音楽は2000年代以降も世界中のアーティストに影響を与え続けています。「ラヴレス」以降は、メジャーのアイランドに移りますが、コンピレーションアルバムなどに2曲提供したのみで、アルバムのリリースはありませんでした。アルバム制作のためにスタジオを新しく作ったのですが、機材が全て動かず、使い物にならなかったなどのトラブルがあったためと言われています。またドラムンベースに影響を受けそれを取り入れてアルバム2枚分ぐらい曲を作ったこともあったのですが、ケヴィンはその出来に満足できず、発表されることはありませんでした。バンドの表立った活動が長らく休止状態な中、ケヴィンは他のバンドのリミックスやプロデュース、プライマル・スクリームにサポート・ギタリストとして参加します。2003年公開の映画「ロスト・イン・トランスレーション」でブライアン・レイツェルと共同で音楽を担当するなど、ソロ名義での楽曲発表、パティ・スミスとのジョイント・ライヴなどを行います。他のメンバーも、ビリンダはヒップホップ・ユニットにフィーチャーされ、デビーはSnowponyでベーシストとして活動するなどそれぞれ個別に活動を続けました。活動休止をしながらも、その独創的な音楽は2000年代以降も世界中のアーティストに影響を与え続けています。

現在の活動

2007年にバンドの再始動が発表されました。新曲・新作の発売はされなかったものの、久しぶりにライブ活動が行われ、日本のFUJI ROCK FESTIVAL'08へも参加しました。2009年には、最新の音響技術を駆使し、「ラヴレス」時の曲を中心としたライブ活動を行っています。また2012年5月には、長い間発売されるという噂がたっていた「イズント・エニシング」と「ラヴレス」のリマスター盤が、発売されました。両作品ともケヴィン・シールズ自身の手によってオリジナルテープからリマスターが施されました。「ラヴレス」はリマスターに加え、オリジナル1/2インチアナログ・テープからのマスタリングの2枚組でのはつばいでした。日本では5月のリマスター盤発売に合わせて音楽雑誌各誌で特集もされ、2013年2月には約22年ぶりとなる来日ツアーの開催も発表されました。また、2013年2月2日には22年ぶりとなるニューアルバム「mbv」を本日中にリリースすることを突如発表し、バンドの公式ウェブサイトでオンライン販売が開始されました。

メンバー

作詞・作曲などの曲作りはバンドの中心人物であるケヴィンの手によるものがほとんどです。他にはコルムが作曲を、ビリンダは作詞を手がけています。男性2人、女性2人というメンバー構成になっています。

  • ケヴィン・シールズ・・・ボーカル、ギター、ベース、サンプラー
  • コルム・オコーサク・・・ドラムス、パーカッション
  • ビリンダ・ブッチャー・・・ボーカル・ギター
  • デビー・グッギ・・・ベース

ディスコグラフィー

1988年「イズント・エニシング」

マイ・ブラッディ・ヴァレンタインの1stアルバム。音楽的には一般にイメージされるような彼らのサウンドとは少し異なっていて、ノイズロックと甘いサイケデリアの融合と言ったほうが近いサウンドになっています。オルタナティブ黎明の波に後押しされ、大きく評価されました。英国版LPの初回プレスには7インチシングルが付属しており、無題の曲が2曲収録されました。日本盤CDは2回再発され、リマスター盤も出たので、全部で四種類存在することになります。

1991年「ラヴレス」

マイ・ブラッディ・ヴァレンタインの代表作であり、シューゲイザーの金字塔とされる2ndアルバムです。この作品以前に存在したどのサイケデリック系アルバムとも違い、ディストーションをかけたギターサウンドの多用と、その隙間から淡く出現するような美しいメロディーが特徴となっています。この方法論は多くのミュージシャンに影響を与えました。日本盤CDはオリジナル盤と再発盤とリマスター盤の三種類があります。このアルバムは、「ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500」で221位にランクインしています。

シングル・ミニアルバム

  • 1985年「ディス・イズ・ユア・ブラッディ・ヴァレンタイン」
  • 1985年「ギーク」
  • 1986年「ザ・ニュー・レコード・バイ・マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン」
  • 1987年「サニー・サンデー・スマイル」
  • 1987年「ストロベリー・ワイン」
  • 1987年「エクスタシー」
  • 1988年「ユー・メイド・ミー・リアライズ」
  • 1988年「フィード・ミー・ウィズ・ユア・キス」
  • 1991年「グライダー」
  • 1991年「トレモロ」

日本での活動

マイ・ブラッディ・ヴァレンタインは、二度の来日単独公演に加え、ロック・フェスティバルなどにも出演するなど、日本でも精力的に活動しています。

単独ツアー

  • 1991年11月22・23日・・・川崎 CLUB CITTA
  • 1991年11月25日・・・大阪 心斎橋 CLUB QUATTRO
  • 2013年2月5・6日・・・大阪 なんばHATCH
  • 2013年2月7・8・10日・・・東京 新木場 STUDIO COAST

ロック・フェスティバル

  • 2008年7月25日・・・FUJI ROCK FESTIVAL
  • 2013年7月26日・・・FUJI ROCK FESTIVAL