ブームタウン・ラッツ

ブームタウン・ラッツ

ブームタウン・ラッツは、アイルランド出身のパンク/ニュー・ウェイブのバンドです。「ブームタウン・ラッツ」というバンド名はウディ・ガスリーの自伝「ギターをとって弦をはれ」に登場するギャングの名前に由来します。著名なバンドになりはしたものの、その業績が皮肉にもリードボーカリストであるボブ・ゲルドフのチャリティー活動の陰となってしまいました。

デビューと解散

1975年にボーカリストのボブ・ゲルドフを中心にアイルランドのダブリンで結成されました。デビューは1977年で、翌年の1978年に発売したシングル「Rat Trap」が、アイルランド出身のバンドとしては初めての全英1位を獲得し、注目を浴びました。1979年に全英1位となったシングル「I Don't Like Mondays」は、同年の1月29日にアメリカのサンディエゴの小学校で当時16歳の少女が起こしたライフル乱射事件を描いた曲です。タイトルは彼女の犯行動機のひとつが「月曜日が嫌い」だったことによるものです。銃社会のアメリカで2億丁を超える銃が所有されているなか、頻繁におこる乱射事件のたびに、この曲のメッセージが問われています。ブームタウン・ラッツは日本での公演も行っており、1980年と1983年の2回来日しています。6人編成であり、複数のリズムを集結させたポリリズムを持つバンドでもあります。ゲルドフ曰く「ラッツはパンク感覚と共に抜群のメロディーラインに恵まれたバンドさ」とのことです。ゲルドフは1984年に「Do They Know It's Christmas?」のリリースなどによる、アフリカの飢餓救済のためのチャリティー企画バンド・エイドを成功させ、さらに米国のUSA for Africa誕生のきっかけにもなり、後の1985年にはバンド・エイドやUSA for Africaを始めとする世界的チャリティーコンサートのライヴエイドも成功させました。こうしてゲルドフが名声を得る一方でバンド活動は停滞し、1986年に解散しました。

メンバー

  • ボブ・ゲルドフ・・・ボーカル
  • ジョニー・フィンガーズ・・・キーボード
  • ギャリー・ロバーツ・・・ギター
  • ピート・ブリケット・・・ベース
  • サイモン・クロー・・・ドラム

ボブ・ゲルドフについて

1951年10月5日、ダブリン州のダン・レアリーで、アイルランドとベルギーの血統を持つ家庭に生まれました。。彼はダブリン近郊のブラックロック・カレッジに学び、屠殺業や道路人夫、エンドウ豆缶製造業を経た後、カナダのバンクーバーで音楽ジャーナリストとして活動を始め、週刊誌「ジョージア・ストレート」の出版に携わります。その後、1975年にロックバンド、ブームタウン・ラッツを結成し、当時のパンク・ムーヴメントと密接に関わることとなりました。1979年にリリースした「I Don't Like Mondays」がヒットし、同時にそのセンセーショナルな内容が議論の的となりました。同曲は1995年にボン・ジョヴィによってカバーされ、1995年6月25日にロンドンのウェンブリー・スタディアムで行われたボン・ジョヴィのコンサートで、ゲルドフはステージに参加しました。ゲルドフはロックの多彩な代弁者として知られるようになりましたが、アイルランドのトーク・ショー「レイト・レイト・ショー」へのブームタウン・ラッツの最初の番組出演は視聴者からの苦情を招くことになりました。

慈善活動

ゲルドフの最初の慈善活動への参加は、1981年9月に行われたアムネスティ・インターナショナルによる「シークレット・ポリスマンズ・アザー・ボール」でした。彼はショー製作者であるマーティン・ルイスの招待でソロ・アーティストとして出演し、「哀愁のマンディ」のソロ・バージョンを演奏しました。同公演にはスティング、エリック・クラプトン、フィル・コリンズらも参加しました。ショーとそこからリリースされたアルバムや映画でアムネスティは相当の収益を上げ、人権に関する社会の意識の向上に貢献しました。ゲルドフは後に、このショーへの関与を誇りに思うという趣旨の発言をしています。

ディスコグラフィー

シングル

  • 1977年「Looking After No. 1」
  • 1977年「Mary of the Fourth Form」
  • 1978年「She's So Modern」
  • 1978年「Like Clockwork」
  • 1978年「Rat Trap」
  • 1979年「I Don't Like Mondays」
  • 1979年「Diamond Smiles」
  • 1980年「Someone's Looking at You」
  • 1980年「Banana Republic」
  • 1981年「The Elephant's Graveyard」
  • 1981年「Never in A Million Years」
  • 1982年「House on Fire」
  • 1982年「Charmed Lives」
  • 1984年「Tonight」
  • 1984年「Drag Me Down」
  • 1984年「Dave」
  • 1985年「A Hold of Me」

アルバム

  • 1977年「The Boomtown Rats」
  • 1978年「A Tonic For the Troops」
  • 1979年「The Fine Art of Surfacing」
  • 1981年「Mondo Bongo」
  • 1982年「V Deep」
  • 1984年「In the Long Grass」

コンピレーション・アルバム

  • 1987年「The Boomtown Rats' Greatest Hits」
  • 1994年「Loudmouth」
  • 2003年「The Best of the Boomtown Rats」