映画館大賞

映画館大賞とは

映画館大賞は、前年に日本全国の映画館で公開されたすべての映画の中から、日本全国の独立系映画館スタッフが「映画ファンにスクリーンで見てもらいたい」作品を投票で選んだ映画賞です。大賞のほかに「特別部門」として、みうらじゅん、蒼井優、岩井俊二などが個人的なオススメ作品を選んだ「あの人の1本」や、名画座看守たちが特集上映・リバイバル上映された旧作のうち、もっとも鮮やかに蘇った1本を選んだ「蘇る名画」などが発表されます。主催は映画館大賞実行委員会で、シネミライがサポートしています。2009年から始まった新しい賞ですが、映画館のスタッフが選ぶという斬新さが、映画ファンの心を掴み注目を集めています。

選考

選考対象になる作品は、日本国内で公開されたすべての映画です。投票者は、全国の独立系映画館(全国展開のシネコン、成人映画館以外の映画館)のスタッフです。各映画館から提出されたベストテンを1位=10点、2位=9点、3位=8点、4位=7点、5位=6点、6位=5点、7位=4点、8位=3点、9位=2点、10位=1点として集計します。

2009年

対象は2007年12月から2008年11月までに封切られた新作約800本です。全国110館の独立系映画館スタッフが選びました。

  • 第1位・・・「ダークナイト」監督:クリストファー・ノーラン
  • 第2位・・・「ぐるりのこと。」監督:橋口亮輔
  • 第3位・・・「おくりびと」監督:滝田洋二郎
  • 第4位・・・「歩いても 歩いても」監督:是枝裕和
  • 第5位・・・「トウキョウソナタ」監督:黒澤清
  • 第6位・・・「イントゥ・ザ・ワイルド」監督:ショーン・ペン
  • 第7位・・・「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」監督:若松孝二
  • 第8位・・・「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」監督:ポール・トーマス・アンダーソン
  • 第9位・・・「ノーカントリー」監督:ジョエル・コーエン&イーサン・コーエン
  • 第10位・・・「崖の上のポニョ」監督:宮崎駿

あの人の1本

  • みうらじゅん・・・「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」監督:マーティン・スコセッシ
  • 蒼井優・・・「百万円と苦虫女」監督:タナダユキ
  • 岩井俊二・・・「おくりびと」監督:滝田洋二郎

最も鮮やかに蘇った1本

  • 「幸福」監督:市川崑、公開:1981年

2010年

対象となったのは、2008年12月から2009年11月までに封切られた720本の映画です。全国150館の独立系映画館スタッフが選考しました。

  • 第1位・・・「グラン・トリノ」監督:クリント・イーストウッド
  • 第2位・・・「ディア・ドクター」監督:西川美和
  • 第3位・・・「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」監督:ケニー・オルテガ
  • 第4位・・・「愛のむきだし」監督:園子温
  • 第5位・・・「劔岳 点の記」監督:木村大作
  • 第6位・・・「サマーウォーズ」監督:細田守
  • 第7位・・・「母なる証明」監督:ポン・ジュノ
  • 第8位・・・「スラムドッグ$ミリオネア」監督:ダニー・ボイル
  • 第9位・・・「イングロリアス・バスターズ」監督:クエンティン・タランティーノ
  • 第10位・・・「沈まぬ太陽」監督:若松節朗

あの人の1本

  • 阪本順治・・・「ポチの告白」監督:高橋玄
  • 中谷美紀・・・「アンヴィル!夢を諦めきれない男たち」監督:サーシャ・ガバシ
  • 竹中直人・・・「永遠のこどもたち」監督:J.A.バヨナ

最も鮮やかに蘇った1本

  • 「かも」監督:関川秀雄、公開:1965年

2011年

2009年12月から2010年11月までに公開された作品が対象です。全国130館の独立系映画館のスタッフが選考しました。本年度は初めて日本映画が首位を獲得しました。

  • 第1位・・・「告白」監督:中島哲也
  • 第2位・・・「息もできない」監督:ヤン・イクチュン
  • 第3位・・・「アバター」監督:ジェームズ・キャメロン
  • 第4位・・・「トイ・ストーリー3」監督:リー・アンクリッチ
  • 第5位・・・「インセプション」監督:クリストファー・ノーラン
  • 第6位・・・「悪人」監督:李相日
  • 第7位・・・「第9地区」監督:ニール・ブロムカンプ
  • 第8位・・・「オーケストラ!」監督:ラデュ・ミヘイレアニュ
  • 第9位・・・「十三人の刺客」監督:三池崇史
  • 第10位・・・「瞳の奥の秘密」監督:ファン・ホセ・カンパネラ

あの人の1本

  • 黒沢清・・・「第9地区」監督:ニール・ブロムカンプ
  • 夏木マリ・・・「闇の列車、光の旅」監督:キャリー・ジョージ・フクナガ

最も鮮やかに蘇った作品

  • 「骨まで愛して」監督:斎藤武市、公開:1966年

2012年

  • 第1位・・・「ブラック・スワン」監督:ダーレン・アロノフスキー
  • 第2位・・・「英国王のスピーチ」監督:トム・フーパー
  • 第3位・・・「冷たい熱帯魚」監督:園子温
  • 第4位・・・「大鹿村騒動記」監督:阪本順治
  • 第5位・・・「八日目の蝉」監督:成島出
  • 第6位・・・「キック・アス」監督:マシュー・ヴォーン
  • 第7位・・・「ソーシャル・ネットワーク」監督:デヴィッド・フィンチャー
  • 第8位・・・「ステキな金縛り」監督:三谷幸喜
  • 第9位・・・「ゴーストライター」監督:ロマン・ポランスキー
  • 第10位・・・「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」監督:マイケル・ベイ

あの人の1本

  • 佐野史郎・・・「不惑のアダージョ」監督:井上都紀
  • 池田理代子・・・「ブラック・スワン」監督:ダーレン・アロノフスキー
  • 李相日・・・「ブラック・スワン」監督:ダーレン・アロノフスキー

最も鮮やかに蘇った作品

  • 「河口」監督:中村登、公開:1961年